大阪アジアン映画祭で「チャンシルは福も多いね」を観る

ある香港スターの幽霊が出演しているということで鑑賞。彼が登場するたび会場は笑いに包まれた。 何故敢えてこの姿wせっかくなのだから京劇とか、ロン毛で赤いハイヒールとか、いろいろなコスプレ姿で登場して欲しかった。 40代で失業失恋してしまう映画プ…

大阪アジアン映画祭で「有鬼(ノーボディ)」を観る

この作品もネットでは一切資料がなく、白紙のまま鑑賞。 自分で仕立てたスーツを着て毎日同じバスに乗り唾を吐くお婆さんと、父親の浮気現場を撮影しようとする少女との交流を描いた作品。 たびたびインサートされる女性は実はお婆さんの若かりし頃の恋人で…

大阪アジアン映画祭で「Happy Old Year」を観る

今回、最優秀作品賞を受賞したのも納得の出来栄え。台湾では「就愛断捨離」というタイトルで2月14日から、香港では「無痛断捨離」というタイトルで3月26日から公開。 それぞれのポスター。恋愛映画のように見えるがもっと奥が深い。 モノを捨てるというのは…

大阪アジアン映画祭で「迷失安狄(ミス・アンディ)」を観る

マレーシアと台湾の合作映画。プロデューサーは林心如(ルビー・リン)でベトナム人として出演もしている。これが世界初上映で、事前に見ることが出来る資料がほとんどない状態だった。 マレーシアが舞台。妻に先立たれた後に女として生きることに決めたが、…

タイでサスペンスは難しい?「スリープレス・ソサエティ: 不眠症の女」

Netflixで公開中のタイのサスペンスドラマ。全13話。主演がチュティモン・ジョンジャルーンスックジン(タイ人の名前は長い)なので見てみることにした。 母親が起こしたとされる殺人事件が起きて以来7年間、不眠症に悩まされる人気モデルのアイヤ。真相を探…

一筋縄ではいかない映画「夕霧花園」

ぎりぎりまで中止になるのではないかと危惧していた大阪アジアン映画祭は、作品の上映のみという形をとって何とか始まった。舞台挨拶はなくなったが、林書宇(トム・リン)監督のビデオレターはあった。ビデオレターの中で監督もおっしゃていたが、今年の冬…

Netflixで4月30日から!ドラマ「誰是被害者」

張孝全(チャン・シャオチュアン)、許瑋甯(ティファニー・シュー)、王識賢(ワン・シーシェン)が主演のドラマが4月から始まる。 3人以外にも、林如心(ルビー・リン)、黄河(ホアン・ハー)なども。 張孝全の役どころはアスペルガー症候群の鑑識官。長…

「人面魚:紅衣小女孩外傳(人面魚 THE DEVIL FISH)2018」を観る

「未体験ゾーンの映画たち2020」のなかのひとつ。 話としては1と2の前。紅衣小女孩も生まれる前。2で登場する虎爺についても説明が加えられている。2の感想はここ。 mingmei2046.hatenablog.com この映画の見どころは主演の除若瑄(ビビアン・スー)の熱…

観たいヤツは全部観る!大阪アジアン映画祭

今日から前売り販売開始。もともと香港国際電影節のために有休を使おうとしたら、夏に延期になってしまい、それをアジアンに流用。ガッツリ観るぞ! とはいっても有休にも限りがあるので、もう既に観た映画は除いていく。「大飢(大いなる飢え)」「少年的你…

ホラーかと思いきやラブコメだった「彼岸之嫁(彼岸の花嫁)」

Netflixで1月23日から配信開始。全6話。呉慷仁(ウー・カンレン)とエリザベス役の紀培慧(テレサ・デイリー)以外は馴染みのない顔ばかり。 最近、台湾と他の東南アジアの国との急接近が目立つ。ミャンマー出身の趙德胤(チャオ・ダーイン/Midi Z)監督の…

リアルな展開に釘付け「我們與惡的距離(悪との距離)」

去年の電視金鐘奨(ゴールデンベルアワード)で賞を独占した社会派ドラマ。全10話。日本では衛星劇場、U-NEXTなどで放送。2020年6月からNetflixでも配信開始。 無差別殺傷事件をめぐる加害者と被害者の社会的な立場、報道や医療の問題点を深く突いた意欲的な…

「パラサイト 半地下の家族」を観る

水曜日(レディースディ)の観たい回の直前に劇場に行ったらまさかのほぼ満席。次の回のチケットを買って2時間後に戻るとこれまたほぼ満席だった。女子が詰めかけるような映画ではないなと油断していたらたいへんなことに。 あまり予習せずに鑑賞。貧乏人一…

ドニーさん主演学園映画「大師兄(スーパーティーチャー 熱血格闘)」

現代の教育問題も入れながらも単純明快、難しい話は一切無し。だってドニーさんだから。 元アメリカ軍海兵隊の熱血先生は完全無欠。落ちこぼれ生徒たちの問題を次々解決していく。やっぱり何といってもアクションシーンが見もの。アクション振付は谷垣健司。…

「雲南虫谷(トレジャー・オブ・ムージン 天空城の秘宝)」を騰訊視頻(テンセントビデオ)で観る

まさに粗製濫造を地で行く「鬼吹灯」シリーズでまたまた新作映画登場。しかも映像化された作品の中で最も評価が低い結果となり、小説ファンからもブーイングの嵐。 確かに全体的にショボい。CGはがんばっているが、ほとんどグリーンバックで撮影したんだろう…

「最後的日出(LAST SUNRISE)」を優酷(Youku)で見る

中国映画やドラマは、大陸の動画サイトを大陸以外の場所で開くと見られない場合が多い。版権の問題かと思うが、あっさり見られる作品もある。その基準がよく分からない。これは優酷が出資して作った映画なので、優酷で見られた。 「流浪地球(さまよえる地球…

シネマート心斎橋で「アルファ 殺しの権利」を観る

メンドーサ監督の2018年製作映画。 とにかく主人公の警官がイケメン過ぎ。でも熱血漢に見えて実は裏がある。 手持ちカメラを多用したドキュメンタリータッチの映像は前作「ローサは密告された」と同じ。臨場感に溢れていて、まるで自分も現場にいるようだ。 …

邱澤(ロイ・チウ)主演「第九分局」をNetflixで観る

台湾では2019年8月29日に公開。「誰先愛上他的(先に愛した人)」でいい仕事をした邱澤もここでは「薄くした北村一輝」にしか見えない。 幽霊が見えるヘタレ警官がその才能を買われ警察のとある部署「第九分局」にスカウトされる。そこでは幽霊が起こす事件…

「犯罪現場」を騰訊視頻(テンセントビデオ)で観る

香港では10月24日から、台湾では11月1日から公開。古天樂(ルイス・クー)が主役かと思いきや、最近主演作品が多い張繼聰(ルイス・チョン)が互角にやりあっている。 宝石店の強盗事件が発生して1か月後、犯人の1人が殺されているのが発見される。その後更…

劉以豪(リュウ・イーハオ)主演ドラマ「極道千金(恋するマフィア娘)」をNetflixで観る

全8話。Netflixが制作する中国語ドラマの3本の中で、一番目立たない存在の作品。 ありがち台湾ラブコメの流れのまま話は進み、そして終わってしまった。期待していた劉以豪も、期待以上の演技は見せずじまい。今が彼にとって脱皮する時だと思うのだが。今回…

「雪暴(雪暴 白頭山の死闘)」をシネマート心斎橋で観る

予告編は良かったのだが。本編は予告編を越えられなかった。大陸では5月の連休に合わせて公開した。 広大な雪山を背景にした男同士の死闘を期待したのだが、それはちょっと期待外れ。 俳優は好きな人ばかり。主人公の張震(チャン・チェン)はもちろん、廖凡…

東京FILMEXで「灼人秘密(NINA WU)」を観る

この映画を観るために、往復共に夜行バスを利用した。今のバスは昔よりシートが倒れないので全然眠れない。 一人の女優が映画の主演を務める間に心理的にどんどん追い込まれて行き、現実と妄想の境がつかなくなる。基本のストーリーは「ブラック・スワン」と…

台北金馬影展で「金都(私のプリンス・エドワード)」を観る

太子にある金都商場という婚礼用品が一式揃えられるショッピングモールを舞台にした物語。 金都商場で同棲もしている恋人とウェディングプランナーの会社を経営している莉芳には秘密があった。10年前にお金欲しさに大陸人と偽装結婚したままだったのだ。恋人…

台北で「陽光普照(ひとつの太陽)」を観る

この映画はどうしてもじっくり観たかったので、2日目までとっておいた。今年の釜山、トロント、東京国際映画祭でも上映済。金馬では11部門でノミネートされている。 鐘孟宏(チョン・モンホン)監督は中島長雄名義で撮影も担当していて、何気ない映像がとて…

台北で「返校」を観る

元ネタはゲーム。1960年代の国民党白色テロをテーマにしている。しかし観ながらどうしても今現在の香港デモの状況と重ねてしまう。 放課後の学校に閉じ込められた2人がなんとか脱出しようとするお話。様々な怪物に襲われながら、閉じ込められた理由を探る。 …

台北で「大餓(大いなる餓え)」を観る

人は何故にダイエットをするのか?ダイエットという鉄板ネタを使って、他とは少し違うオチで落とした映画。 食べることと料理するが大好きな主人公は母親が経営する幼稚園で給食を調理している。いつも子供たちに外見をからかわれるが全然気にしない。ある日…

台北金馬影展で「菠萝蜜」を見る

現在の台湾と、共産党ゲリラが森で戦っている過去のマレーシアの場面が交錯しながら物語は進む。 マレーシアから台湾へ留学に来た一凡は、父とうまくいっていない。台湾での生活も馴染めずじまいで、バイト先のレストランで肉を裁断する時に誤って自分の指も…

台北で「那個我最親愛的陌生人」を観る

2日間の滞在で台北金馬影展で観る映画は3本。その合間を縫ってなるべく多くの一般公開の映画を観ようとスケジュールを組んだら、1日5本映画を観る羽目に。寝落ちしないようにするので必死だ。 認知症をかかえた家族の物語。空気が重くならないのは家の中に小…

台北金馬影展で「樂園」を観る

日本映画「楽園」とは別物。 薬物依存症の若者のための更生施設で起きた物語。元ネタは実話だが、どこまで本当なのかは不明。というのも依存から抜け出せない若者たちの脱走、ヤクの売買、イジメ、火事まで描いているからだ。 自身もかつてはヤク中だった男…

台湾のネットで「白蟻ー欲望謎網(2017)」を見る

台北金馬影展のため2日間だけ台北に行った。台北に着いたのは朝の5時。早めに市内に移動してもすることがないので、それならと思ってネットで映画を見ることにした。 2年越しでやっと鑑賞出来た。予想以上に重い展開だった。 主演の呉慷仁(ウー・カンレン)…

最終回は怒涛の展開!Netflixドラマ「罪夢者」

世間の評価は様々だが、私は十分楽しめた。 メインの4人。男の友情と父子の情がこのドラマの主題だ。 この4人以外に大きく注目されたのが許光漢。 まさかこいつが事件の鍵を握るとは! 許光漢は以前台湾ドラマ「戀愛沙塵暴(2016)」で、韓国アイドルに憧れ…