衣裳も美術も音楽も最高「哀れなるものたち」

「ロブスター」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」など変な映画ばかり撮るヨルゴス・ランティモス監督の最新作。 美術は豪華なスチームパンク調、衣装はちょうちん袖にミニスカート。音楽は何故か音程が外れている。そして広角レン…

人類に性欲がある限り「愛愛內含光(セックスを語るなら)」

Netflixで2月2日から配信開始。全8話。「セックスとは本来楽しいものである」という性善説に則ったドラマである。イギリスドラマ「セックス・エディケーション」ほど啓蒙色はないが、毎回最後に流れる動画でミニ知識が得られる。 最初っからがんがん飛ばして…

夜はライブ配信で締めくくり

朝ごはんを食べてすぐ空港に向かう。昼前の飛行機に乗って夕方には関空に着かなくてはいけない。何故なら今日は香港でのコンサートツアーの最終日で、21時15分(香港時間の20時15分)にライブ配信があるからだ。 空港の出国審査の手前でEdanを捕獲。 香港航…

今回もMIRRORを捕獲しまくり

香港といえば広告が派手な2階建てバスとトラムが有名。 バス停も抜かりはない。 バスの中だって ロケ地巡りは今回それほど多くない。 韓国ドラマ「社内お見合い」の香港版「社内相親」で2人がチューしたのは、文武廟の横の道をひたすら登ると辿り着く堅巷花…

MIRRORがシージャック!スターフェリーがMIRRORだらけ

たいがいみんな香港に来たら必ず乗るであろう天星小輪(スターフェリー)とMIRRORのコラボイベントが2023年12月18日から2024年2月3日まで開催されていた。3隻のフェリーに4人ずつキャラクターが配置されていて、それがヴィクトリア湾を行ったり来たりしてい…

超お得なタイレストラン「泰鳩Thai Kau」

2023年6月にオープンしたこのお店はMIRRORのLokman、AltonそしてERRORの阿Deeの3人が開いたタイレストランだ。 場所は旺角(モンコック)彌敦道(ネイザンロード)558-560號譽發廣場4樓。入口はあまり目立たないオフィスビルのようで、エレベーターの前の看…

この日に君が生まれたから1月21日はEdanの日

メンバーの誕生月になると、それぞれの非公式ファンクラブが自腹で広告を出したり、バスやトラムを無料にしたりしてお祝いをする。1月はちょうどEdanの誕生月で、尖沙咀(チムサーチョイ)にある新港中心(シルバーコート)でお祝いを展示していた。 1月21日…

香港で「小曉(トラブル・ガール)」おかわり

何せ金馬で観た時は一番前列の一番端っこだったので、画面が歪む歪む。なので、あらためて真正面から鑑賞。 場所は油麻地(ヤウマテイ)の百老匯電影中心(ブロードウェイシネマティック)。香港のミニシアターの老舗である。隣にはカフェと本屋が併設されて…

「盜月者(盗月者)」が大阪アジアン映画祭のスペシャルオープニング作品に決定!

香港では旧正月映画として2月9日から公開。 監督の袁劍偉(ユエン・キムワイ)は今まで2本の映画を撮っている(どちらも元ヨメの林嘉欣(カリーナ・ラム)が主演)。MIRRORのマネージャー花姐とは元同僚で、その縁でMIRRORのMVやCM制作に関与していた。2022…

香港で「潜行」を観る

「瞞天過海」を観た後で、星光大道を通り過ぎヴィクトリア湾に沿いながら黄埔(ウォンポー)まで歩いて行った。 目的は黄埔の嘉禾(ゴールデンハーベスト)の映画館。黄埔の船型ショッピングセンターがまだ現役なのに安心した。 アンディさん(劉徳華)が麻…

香港で「瞞天過海」を観る

スペイン映画「インビジブル・ゲスト 悪魔の証明」の中国版リメイク映画。ちなみに「瞞天過海(まんてんかかい)」とは、中国の兵法書に挙げられる兵法の一つで、何食わない顔で敵を騙す兵法・計略を指すそう。 ネタはバレているので、出演者の許光漢(グレ…

香港で「金手指」を観る

香港では12月30日から一般公開。これだけ人気だと香港中どこでも観られるので、値段の安い柴灣(チャイワン)で観ることにした。日本だと映画は一律料金だが、香港では新作でも時間と場所で大きく変わる。基本は郊外の古めの映画館の午前中が一番安い。でも…

香港で「富都青年」を観る

MIRRORのコンサートも観れたので、今日からは観たい映画をガンガン観ていく。 まずは堅尼地城(ケネディタウン)にある高先電影院(Golden Scene Cinema)にGo! 吳慷仁(ウー・カンレン)2本立てに見えるが、「但願人長久」は不定期での上映で予約で既に満…

The Road to AsiaWorld-Expo(亞博への道)~その3~

今日は自分1人だけでコンサートに行くので、まずはチケットを取りに行かないといけない。香港でチケット販売というと城市售票網(URBTIX)が有名で街のいたるところで発券できるが、Citylineのチケット発券機はそれほど多くない。事前に調べて太子(プリンス…

The Road to AsiaWorld-Expo(亞博への道)~その2~

朝4時前に起きて始発で関空へ行く。今回は香港航空を利用。LCCではないので機内で一応水と軽食が支給されるのは助かる。 お昼には無事に香港へ到着。コロナの面影は全くなく、いつも通り入国審査を経て空港のロビーに出る。そこでMIRRORのお迎えが。 EDAN&I…

1月から2月にかけて香港で公開中の映画

飛行機のチケットも買って、ホテルも予約して、眼鏡(老眼鏡じゃないやつ)も新調して、歯のクリーニングもして、髪も切って、後は寝て待つのみだが、やはり現地の映画チェックは欠かせない。 「富都青年」:12月7日から公開 公開から既に2か月以上経過して…

2024年はこの映画から「ラ・メゾン 小説家と娼婦」

明けましておめでとうございます。今年も出来る限り映画を観まくりたいと思います。齢を重ねるたびに体力勝負になるのが何だかな。 援助交際にもパパ活にも興味はないのに、「娼婦」と言われると何故か心惹かれるものがある。この主人公も最初は取材のつもり…

The Road to AsiaWorld-Expo(亞博への道)~その1~

2024年はこれで始まる。 11月29日にまずファンクラブ先行発売がされたが、あっという間に完売。一般発売の今日を首を長くして待っていた。 前回2022年はコロナの影響もあり、本来12,500人入るはずの紅館で75%までの入場規制があったため、さらにチケットは…

コロナ渦でも人は恋をする「此時此刻(此の時・この瞬間に)」

コロナの時期のあるあるを、ドラマティックに演出。 約50分×10話のオムニバスドラマ。登場人物はそれぞれゆるく繋がっている。 俳優が豪華。主役以外の脇役にも見知った顔がちらほら。 同性婚を認めている台湾らしくカップリングは多彩。 第1話「戀愛實境秀…

壊れていても家族「小曉(トラブル・ガール)」

チケットが発売直後で完売になり諦めていたが、台湾に行く直前に何気に台北影展のHPを開けたら1枚だけ残っていた。A排1號というものすごく観えづらい席だったが、映画の神様に感謝。 小学生の小曉とその母親がメイン。住んでいる家は高級マンションで、小曉…

早く続きが観たい!「不夠善良的我們:第1-2集」

名脚本家にして監督の徐譽庭(スー・ユーティン)の最新ドラマ。主演は林依晨(アリエル・リン)、許瑋甯(ティファニー・シュー)、賀軍翔(マイク・ハー)。 放送は12月の予定。 2人の女性と1人の男性を巡る12年にわたる物語。単なる三角関係の話では終わ…

3世代のファミリーヒストリー「車頂上的玄天上帝」

「白日之下」から立て続けに鑑賞。 美術監督として長年侯孝賢(ホウ・シャオシェン)と組んでいた黄文英(ホアン・ウェンイン)の初監督差作品。個人的な思い入れが色濃く投影された映画だ。 お爺ちゃん大好きっ子の芙月は映画の美術監督。父が病に倒れ急遽…

人を突き動かすもの「白日之下(白日の下)」

香港では11月2日から一般公開で、台湾では11月17日から一般公開。初日の朝イチに公館の映画館に駆け込んで鑑賞。 A1新聞社の記者凌曉琪は、仕事に対する情熱はもう既にない。介護施設での実態を取材するため、認知症がある入設者の孫に成りすまして侵入する…

社畜と言いながら愛がある「他馬克老闆」

シンガーソングライターとして絶大な人気を誇る盧廣仲(クラウド・ルー)が主演のコメディ映画。台湾では9月28日から、香港では10月19日から一般公開された。 毎日残業に追われるマークの元に死神が登場するが、実は人違いだと判明。その後マークの会社がライ…

盧瀚霆(アンソン・ロー)主演ホラー映画「醸魂」

ホラー映画好きな台湾では一年中世界中のホラー映画を公開している。そこで大ヒットする作品もあるし、ひっそりと消えていく作品もある。 低予算でも当たればデカいホラー映画。それにはまずセンスとアイデアが必要。そして映像美とBGMも含めた音楽も大事。…

女同士のバチバチの戦い「惡女(悪女)」

台湾では10月27日から一般公開。 監督は長編アニメ映画「幸福路上(幸福路のチー)2017」が好評だった宋欣颖(ソン・シンイン)。主演は林美秀(リン・メイシユウ)と邵雨薇(シャオ・ユーウェイ)。林美秀は誰もが知っているベテラン女優。邵雨薇は、そのキ…

小天が次々と撃ちまくる「周處除三害(我、邪で邪を制す)」

関空で一夜を過ごし、台北に朝10時頃に着いて、午後4時頃に映画祭で観たが、前半部分ほぼ寝落ちしてしまい、後日一般上映で観直した。 「周處除三害」は故事から取られたタイトル。周處という嫌われ者の暴れん坊が三つの害(虎と蛟と自分自身)を駆除したと…

台北で今一般公開している映画

今日から始まった金馬影展。私自身ももうすぐ台湾に向かう。ということで映画祭以外の映画もチェックに抜かりはない。 もう既に上映中なのが「惡女」 長編アニメ「幸福路上(幸福路のチー)2018」の監督宋欣穎(ソン・シンイン)の最新作。父親の再婚相手に…

人はどうして自殺してしまうのか「年少日記」

2日しかない休みの中で是非とも観たかった作品。監督は新人の卓亦謙(ニック・チェク)、プロデューサーは爾冬陞(イー・トンシン)。香港では11月16日から一般公開される。 卓亦謙監督は長編映画はこれがデビュー作だが、これまで多くの脚本を書いている。…

思いやりのある世界を描く「老狐狸(Old Fox)」

寡作な蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督の長編映画第3作品目。 時代設定は1989年。株価と不動産価格が一気に跳ね上がったが、その後バブル崩壊で一気に急落した。そんな時代背景の中のある父子家庭の生活を描いている。 父親役は劉冠廷(リウ・グァンティ…