ケータイにまつわる甘酸っぱ映画「全個世界都有電話(全世界どこでも電話)」

私が最初のケータイを持ち始めたのはかなり遅くて2001年。それがスマホになったのも遅くて2012年。歴代のケータイは何となく捨てられずに家に置いたまま。

おもしろいのは、「世界中電話はどこにでもある」というタイトルとは裏腹に電話を探しまわるシーンが半分くらい占めていること。昔の香港は市内通話がタダだったので気軽に店先の電話とか借りられたのに、今はすっかり様変わりしているようだ。

主人公の1人鍾哲が電話を探し回っているのは觀塘(クントン)。地図は香港映画のロケ地に詳しい「電影朝聖」さんが制作。

この辺りは工業地帯になっていて、倉庫や工場がビルの中にひしめき合っている。その中にあるレストランで高校の同級生3人鍾哲、レイモンド、アナが25年ぶりに会う。そこに登場する日本人シェフを演じているのが「狂舞派」を撮った黃修平(アダム・ウォン)。何故wしかも本人うれしそうw

黃修平以外にも最近の香港映画でお馴染みの俳優が多数ゲスト出演している。鍾哲のヨメが働いているカフェの同僚には阿正こと黃正宜が登場。

元々はラジオDJだが、お笑いのセンスを買われてViu TVのバラエティ番組にも出演。今年の叱咤樂壇頒獎典禮(叱咤音楽アワード)では司会を務め大好評だった。この短いシーンでもコメディエンヌっぷりをおおいに発揮していた。
登場人物それぞれのキャラクター設定が緻密。そしてみんな人間臭い。黃浩然(アモス・ウィー)監督はこういうリアルな日常を撮るのがほんとにうまい。

香港での一般公開は2023年8月。その年の台北電影節でも上映している。