香港ドキュメンタリー映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」を観る

九条で1週間のみ上映だったので、慌てて観に行く。

あの時、香港で実際何が起こっていたのかよく解かる映画。

f:id:mingmei2046:20190715092052j:plain

2014年は台北で働いていた。当時どきどきしながらニュースを観ていた。長期化するに従い、世間の学生たちに対する風向きが変わっていくのにはらはらした。
天安門事件もそうだったが、デモは長期には向いていない。次第に仲間割れをして内部崩壊してしまうのだ。

デモの主流は大学生を中心とした若者だが、親世代がデモに参加しない理由もこの映画の中で語られている。というかデモに批判的だったのがこの親世代だった。

それが今年の200万人デモにはこの親世代も積極的に参加していた。重装備の警官たちの前で涙ながらに説得を試みようとした香港のオバちゃんは、動画になって世界中に拡散した。

雨傘運動は誰も成功するとは思っていなかった。それでもやらなくてはいけないんだと若者たちは立ち上がった。そして予想通り政府がデモの要求をのむことはなく、その後の世界も変わらなかった。

そして雨傘運動は過去の出来事の1つになってしまったのかと思った。でも実は終わっていなかったのだ。人々は雨傘運動で多くを学び、それが今年の大規模なデモに繫がったのだと知り、感動した。

もちろんこのデモで中国当局が方針を変えることは不可能だ。しかし「一国二制度なんてチョロい」と香港を甘く見ていた役人たちはやり方を変えてくるだろう。今でも大陸からの新移民を毎日香港に大量に送り込んで、「香港の大陸化」に必死だ。新界(ニューテリトリー)に親中派が多いのもそのせいだと思う。そうなると普通選挙が実現してもその大量の「なんちゃって香港人」のせいでやっぱり当局の意向に沿った人選になってしまう。

そんな香港の現状と未来のために、多くの人がこの映画を観てくれることを願う。

インドネシア流活劇「マルリナの明日」を観る

大阪九条のシネヌーヴォで鑑賞。公式サイトはこちら。でも予習なしで観るのもいい。

https://marlina-film.com/

f:id:mingmei2046:20190712095830j:plain

ちょっと懐かしい感じの映画。60~70年代のやたら勢いと熱量を持った映画のようだと思った。

ロケ地が素敵。スンバ島という荒涼な大地が広がる島だ。その白っぽい大地とその奥に見える紺碧の海との対比が幻想的だ。

妊婦の扱いが荒々しいのでてっきり男性監督が撮ったのかと思ったが、80年生まれのモーリー・スリヤという女性だった。

この映画に登場する女性はみんなとても魅力的だ。男に虐げられているがものすごくタフだ。特に結婚式に馬を届ける女性の肝の据わり方がちょっとツボにハマった。

ラストシーンもカッコいい。昔のアクション時代劇ってまさにあんな終わり方だよなあと思った(派手な音楽とドーンと飛び出る「終」という字がないぐらいw)。

インドネシア映画も最近はいろんなジャンルが増えてきている。

Netflixで香港ドラマ「向西聞記(香港ウエストサイドストーリー)」を観る

ちょっとHなブラックユーモアオムニバスドラマ。30分×12回で全9話。彭浩翔(パン・ホーチョン)監督の「破事兒(2007)」をもう少しシリアスにした感じ。オープニングの万華鏡のような香港にグッときた。

f:id:mingmei2046:20190626133619j:plain

コメディだが根底には人生の哀しみがあふれている。テーマソングも物哀しい。原作は向西村上春樹。向西村上春樹といえば2012年の香港映画「一路向西」を思い浮かべるが、男性を主体としたお色気路線は同じだ。

オムニバスとはいえ登場人物がお互い緩く繋がっているのは、狭い場所に多くの人々が住んでいる香港ならでは。

イマドキの広東語が飛び交い、今の香港の世相が分かって面白い。「咖喱鶏(キスマーク)」「毒男(独身男)」等々新語がいっぱい。ロケ地も西九龍中心、啓徳(カイタック)空港跡地の啓徳郵輪碼頭などローカル色たっぷりだ。1話だけ台北ロケもあり、八徳路や十分などが登場する。

香港映画の不況など言われてだいぶ久しいが、こういったHなコメディは人気が根強く大ヒットした作品も多い。「金鶏」「喜愛夜蒲」はシリーズ化したし、「豪情3D(2014)」には古天樂(ルイス・クー)がAV男優として登場している。

それに伴ない脱ぐのを惜しまない香港人女優が増えたのはいいことだ。ロマンティックなラブシーンなのに中学生みたいな白いブラジャーしか着ない香港女優たちに何度イライラしたことか。

監督はまだ若い呉兆鱗(ネロ・ン)。脚本も担当している。今後の活躍に期待大だ。

さらばGETA親分、そしてありがとう。

GETA親分こと馬如龍さんが6月9日にお亡くなりになった。享年80歳。

ベテラン俳優なので芸歴は長いが、やはり一番印象に残っているのは映画「艋舺(モンガに散る)2010」のGETA親分だ。

f:id:mingmei2046:20190611231200j:plain

昔堅気のヤクザの親分なのに、

f:id:mingmei2046:20190611231240j:plain

この姿で登場だもの。強面もコメディもイケる感じは伊東四朗さんっぽい。

他にも北村豊晴監督、長澤まさみ主演の台湾ドラマ「流氓蛋糕店(ショコラ)2014」にも出演していた。

ご冥福をお祈りいたします。

インドネシア映画「FILOSOFI KOPI 2(ベンとジョディ ~珈琲哲學 第二章~)2017」をネットで見る

前作の「FILOSOFI KOPI(琲哲學―恋と人生の味わい方―)2015」は台湾で鑑賞済。その続編であるこの作品をずっと探していた。YouTubeが見られる日本て素敵。但し字幕無しなので細かいところは想像で補う。

日本では2017年アジアフォーカス・福岡国際映画祭で上映済み。

f:id:mingmei2046:20190522230119j:plain

ポスターはイマイチだけど、2作品とも全編通してセンスのいい映画。

「1」の最後では移動式カフェでインドネシア全国を回っていたが、仲間が離れることになってしまい、ベンとジョディは再びジャカルタに戻ることになった。人手に渡ってしまったカフェ「FILOSOFI KOPI」を取り戻すため、新しい出資者やスタッフを探しまわるうちにまたまた2人は大ゲンカ。「FILOSOFI KOPI」は一体どうなるのか?!

この映画を作るために実際に街中でカフェを作り、撮影後はそのまま営業を続けているのがユニーク。今では支店もいくつかあるらしいので繁盛しているみたいだ。

f:id:mingmei2046:20150517165331j:plain

さりげなく「1」のポスターが貼ってある。

そして今回もまた撮影用に新しくカフェを作ってしまった。

f:id:mingmei2046:20190522232629j:plain

郊外の隠れ家っぽくて、かっこいい。そしてここもちゃんと営業している。

「1」ではカフェの店内がメインだったが、今回はロケ地も多い。でもぞれぞれ内装もちっとも手を抜いていなくてオシャレ。

そしてイケメンコンビ、ベン&ジョディにまた会えたのがうれしい。ちなみにベンは自分で天才と言いきっちゃう陽気なバリスタ(帽子のほう)、ジョディはいつもコストとか気にして胃痛になるような気の弱いオーナー(眼鏡のほう)。

この映画では最終的にベンはコーヒー農園を始めてしまうまでになる。おいしいコーヒーを作るにはまず苗木からって「ザ!鉄腕!DASH!!」みたいだな。

私自身はコーヒーが飲めないけど、このカフェには行ってみたい。

東山章良の「流」を読む

大阪にとりあえず住むにあたりいろいろな諸手続きを終えて、まずやりたかったのは市立図書館の図書カードを作ることだった。そしてこの15年ほど読めずにいた本たちを片っ端から読んでいる。しかし京極夏彦の似たようなタイトルの本はどれが未読でどれが既読かもううろ覚えだ。うんと分厚い文庫分を読んでいる途中で「あ、この本読んだことある」と気づいた時の疲労感といったら。

そしてようやく以前からずっと読みたかった「流」を手にすることが出来た。

f:id:mingmei2046:20190509213000j:plain

舞台が青島と台湾なので、文章を読みながら自然と映像が目に浮かぶ。祖父を殺した犯人捜しのミステリーの要素もあるが、青春小説というほうが似つかわしい。主人公がチンピラとやり合うシーンなんて台湾映画「艋舺(モンガに散る)」そのままだ。おもしろいのが台湾語の表現の仕方。確かにこういう風に聞こえたりするよなw

中国語に馴染みのない人はやはりとっつきにくいかもしれない。人物相関図はあるが、当時の台北市内の地図もあった方が良かっただろう。

台北の街の喧騒とは対照的な大陸の田舎の風景描写も、まさしく私が知っている北方の田舎の風景だ。

ただ、それで「20年に一度の傑作」と言われると正直そこまではいかないんじゃ?と思う。作品の全体に通る一番太い筋がピンと張っていなくて、多少蛇行しているような感じを受けた。犯人との最後の対決も盛り上がりに欠けてちょっと拍子抜けした。

好みは人それぞれだ。もしこの作品が映画化したら是非見てみたいと思った。

「Z風爆(Zの嵐)」をNetflixで見る

もうそろそろ「流浪地球(流転の地球)」がNetflixで見られるかなあとチェックしていたら中華圏の映画が他にもいろいろ増えていた。それで「Z風爆」も発見。去年からあるっぽいのに気付かなかったのは、まだNetflixに慣れてないから。

f:id:mingmei2046:20190504135613j:plain

ここでやっと陸sirと黄文彬の対立の理由が分かった。まあ分からなくても大丈夫だけどw。

シリーズを逆から見たような形になった。今回は汚職にまみれたZ基金にまつわるお話。香港映画ではお馴染みの悪役メンバーが悪役を演じている。その後の作品と比べてみれば「Z」のセットはかなりシンプルだ。夜のシーンも昼間撮ったのがバレバレだし、銃撃シーンもそんな激しくない。ストーリーもそれほど練られてない。これだけ見るとその後何故シリーズ化出来たのか不思議に思えるほどだ。それでも何だかクセになる魅力は持っていて、OPのテーマ曲を聴いただけで気分が盛り上がっていく。

シリーズ化出来るということはそれだけファンがいるということだ。そのうち廉政公署が聖地巡礼で人だかりが出来るようになるかもしれない。

f:id:mingmei2046:20190327131411j:plain

本部は北角の海沿い。ヘタレなので中の写真は撮れなかった。