岩井俊二監督の中国映画第一作「你好,之華(Last Letter) 」をネットで見る

大陸では11月9日から公開で、今は騰訊視頻(テンセントビデオ)で有料会員のみ視聴可能。香港は11月30日から公開中。

f:id:mingmei2046:20181209161509j:plain

中華圏でも岩井俊二ファンが多いと聞く。この作品も特にファンの多い「Love Letter」に寄せて作られていて、別名「中国版Love Letter」だ。

大陸で撮影した映画だが、岩井俊二が単身で大陸に乗り込んで製作したわけではない。プロデューサーは陳可辛(ピーター・チャン)だし、スタッフも撮影、照明、キャラ設定などは日本人だ。脚本、編集、音楽は監督自身が担当している。

80年代の中学時代と現在が交差しながら物語は進む。大陸で80年代懐古主義がブームになった時わらわらと80年代の青春映画が多く作られたが、それらと比べると違いは歴然。全編中国語でも場所は大陸でもやっぱりこの映画は岩井俊二映画だ。

ロケハンで青島、天津といろいろまわったがどれもしっくりいかず、遼寧省大連でようやく希望通りの場所が見つかったらしい。主なロケ地は大連と旅順。詳しくはここに。

《你好,之华》剧组辗转多地取景,大连脱颖而出凭得是这个特质

特にお気に入りは大連図書館。100年の歴史を持つ建築物だ。

f:id:mingmei2046:20181209165849j:plain

大陸での興行成績はそれほどふるわなかったが(それでも約8千万人民元)、お金儲けをするための映画ではないのでいいんじゃないかと思う。画面からお金の匂いがぷんぷんする大陸映画に比べたら、この映画は一種の清涼剤だ。

気になることがひとつあるとすれば。

秦昊(チン・ハオ)のあの髪型はカツラだよねえ。

 

追記:日本版である「ラストレター」は2020年1月17日から公開予定。