さよなら、イップマン「葉問4:完結篇(イップ・マン 完結)」

コロナの影響で上映延期になっていたが、7月3日から日本でも一般公開した。

f:id:mingmei2046:20200710215909j:plain

今回の舞台は1964年のサンフランシスコ。人種差別に立ち向かうイップマンのお話。次の相手がアメリカっていうのがまたなあ。

親子の絆のエピソードも絡めつつ、最終章にふさわしい充実した内容だった。美術も見応えたっぷり。チャイナタウンの街並みも、中華総会のセットもすごくいい。

そして同時期にブルース・リーの名作映画も4Kリマスターで全国で復活上映している。新旧の名作アクション映画を見比べられるとはなんて贅沢なんだろう。

 

そして気になるのはドニーさん主演のもう一つの映画「肥龍過江」。

f:id:mingmei2046:20200711212735j:plain

タイトルは1978年香港公開の「燃えよデブゴン」と同じ。今見ると当時の洪金寶(サモ・ハン・キンポー)ってそんなに太ってないなって思う。

監督は谷垣健治。新宿歌舞伎町を中心に太ったドニーさんが大暴れする。といっても歌舞伎町は街まるごとセット。但し、このセットは「香港人がイメージする歌舞伎町」なので、種田陽平さんが「不夜城(1998)」で作った歌舞伎町のセットとは少し趣が違っている。コメディとハードボイルドという違いもあるし。

f:id:mingmei2046:20200711221330j:plain

細かい部分もリアルな歌舞伎町のセットの仕上がり。詳しくはここに。

https://www.livio.com.tw/%E3%80%8A%E8%82%A5%E9%BE%8D%E9%81%8E%E6%B1%9F%E3%80%8B%E3%80%8C%E7%94%84%E5%AD%90%E4%B8%B9%E3%80%8D%E5%A4%A7%E9%AC%A7%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%A1%97%E9%A0%AD-%E6%89%93%E7%88%9B%E6%96%B0%E5%AE%BF%E6%AD%8C/

中華圏ではクリスマス映画で「葉問」、旧正月映画で「肥龍過江」を観ることになったのだが、このドニーさんの演技の振り幅がすごい。

イメージが固定しないようわざとそうしているのか、単純にアクションが好きで次々撮っていたらこうなったのか、一度ドニーさんに聞いてみたいものだ。