香港の建物探訪その2:順天編

尖沙咀から26番のバスに乗って順利邨順恒楼で降りる。6.8HKドル。

f:id:mingmei2046:20190327100555j:plain

くらくらする~。

ここは陳果(フルーツ・チャン)監督「香港製造(メイド・イン・ホンコン)」のロケ地として有名。この上の階からテレビを落とすシーンは実にかっこよかった。

ここも周りは個性的な大規模団地ばかり。山の上すぎて道路からまずエレベーターに乗らないと入り口に辿り着かない建物とか。でもたいていはそれぞれの団地を歩道橋が繋いでいて真ん中に商業施設があるので、いなかでも生活は便利。

順天までは遠いというなら、油麻地から歩いて行ける愛民邨にも同じロの字型団地がある。

f:id:mingmei2046:20190401091638j:plain

地面に線が引いてあったら愛民邨。

実は丸いタイプもある。銅鑼湾にある中央図書館の裏の山を登って行くと見えてくる。

f:id:mingmei2046:20190401122514j:plain

こちらも映画でちょくちょく見かける。撮影禁止なので中には入れず。

トランスフォーマーロストエイジ」で有名になったモンスターマンションは、写真を撮る人が増えすぎて一時撮影禁止になった。今は事前に管理室で許可を得られれば撮影はOKらしい。

順天に一番近い地下鉄の駅は観塘だが、ここにも開発計画が持ち上がっている。

f:id:mingmei2046:20190327114629j:plain

王家衛監督映画「堕落天使(天使の涙)1995年」の撮影場所。今でも残っていることに逆に驚き。しかしもうすぐ消滅してしまう。

f:id:mingmei2046:20190401230826j:plain

同じ角度から。ここからは物語が生まれづらいと思うなあ。