周跨ぎでとうとう最終回「如懿伝(如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~)」

ネット配信が月曜日から金曜日の1日2話ずつで最終回の87話だけ次の週の月曜日放送となり、まんまと2日間焦らされてしまった。

f:id:mingmei2046:20181016201014j:plain

 

mingmei2046.hatenablog.com

 

87話は長かったが見応えはたっぷり。今回の周迅(ジョウ・シュン)は実によかった。目線で心情を表現できるのは素晴らしい。特に中年にさしかかった皇帝が、辺境のお姫様に一目ぼれして「こんなに好きになったのは初めてなんだよ~。皇后なんだから何とかしてくれよ~。」と言われたシーンの「何をぬかしてんだ、この色ボケジジイは」という如懿の目がたまらなかった。皇帝相手に口に出しては言えないからね。

女子向けのドラマなので、男はあまりぱっとしない。

如懿は最初から少し風変わりな女の子として表現されていて、権力闘争には関心がない。しかしヤラれたらしっかりヤリ返す心意気は持っている。

周迅以外にも鄔君梅(ヴィヴィアン・ウー)が若手を抑える要としてしっかり機能していた。台湾でトレンディドラマの出演が多い張鈞甯(チャン・チュンニン)も大陸時代劇に馴染んでいたし、新人の辛芷蕾(シン・ジーレイ)も映画「長江 愛の詩」での高い評価通り、いい演技だった。

f:id:mingmei2046:20181016193940j:plain

しかし如懿の最大のライバルを演じる李純は完全に役不足。よく見たら映画「心理罪」で頭空っぽなかわいこちゃんを演じていた女優ではないか。成り上がり者の悲哀や欲望が全然足りない。色仕掛けで周りの男に取り入ろうとするにも、色気があまりにも足りない。セリフに頼るんじゃなくて、間の取り方とか声の高低さとか表現方法はいろいろあるだろうに。

このドラマで「おっ」と思ったのは梅のシーンで造花じゃない本物の梅が使われていたこと。もしかしたら造花かもしれないけど、かなり本物っぽい。ドラマ「甄嬛伝(宮廷の諍い女)」と比べて見ると、衣装やセットのこの数年の大陸ドラマの進化が良く分かる。

多分日本でも近いうちに放送するでしょう。

 

追記:予想通り、日本でも2019年5月25日からWOWOWで放送開始。