姜文(チアン・ウェン)監督映画「邪不圧正」を映画館で観る。

7月13日から大陸で公開中。興行収入は既に5億元を突破したので、大ヒットと言えるだろう。

f:id:mingmei2046:20180724234213j:plain

相変わらず姜文の趣味が100%の映画。しかし今回は主役の座をポンちゃん(彭于晏/エディ・ポン)に譲って自分は脇役に回ったので、以前ほど「オレ様映画」にはなっていない。

というか、姜文ポンちゃんに対する愛に溢れた映像ばかりで、どんだけ好きやねん!て思ってしまった。

映画の中でポンちゃんはその華麗な肉体美を惜しみなく露出している。全裸のシャワーシーンまで用意してサービス満点。誰向けなのかっていうと多分監督向けじゃないかと思ってしまう。ドアップのシーンも多い。

そのポンちゃんの相手役は姜文のヨメ。相変わらず年齢不詳でお美しい。今回は遂にエグゼクティブプロデューサーにもなっていた。姜文のこだわりを受け入れられるのはヨメしかいないとか。

姜文流ユーモアも健在。アクが強いので好き嫌いが分かれるが、澤田謙也が繰り返し言う「梶原」にはつい笑ってしまった。「梶原」って誰だよw

復讐を遂げたいがなかなか遂げられない男の話に137分は長い。いなかの映画館ではお尻が痛かった。

舞台は1937年の北平(現在の北京市)だが、撮影は雲南の屋外にバカでかい(4万平方メートル!)屋根のセットを組んで撮影している。

一応抗日で残虐な日本人も登場するが、今年の東京国際映画祭には来るのかな?

 

追記:2018年の第55回金馬奨にて谷垣健治さんがこの作品で最優秀アクション監督賞を獲得した。「捉妖記(モンスター・ハント)2」とのダブルノミネートというのもすごいね。おめでとうございます!