馮小剛(フォン・シャオガン)監督作品「芳華」で年越し

明けましておめでとうございます。旧正月がメインな大陸も年々1月1日のイベントが増えてきている。

f:id:mingmei2046:20180101140959j:plain

文革時代のお話ということで超美化されていたら嫌だなあと思っていたが、割とあっさり1976年まで進むので杞憂に終わった。その後は1979年の中越戦争のシーンになり、文工団(芸術を主体とした部隊)も解散してしまう。青春映画は必ず最後はみんなショッぱい大人になって終わるのが決まりだが(そうじゃないと甘酸っぱい青春映画にならない)、この映画でも1991年で終わる。

海南島には馮小剛の映画会社があり、最近の彼の映画はその「馮小剛映画村」で撮影されることが多い。この映画に登場する文工団の建物もそうだ。

主演は「妖猫伝」と同じく黄軒。おっさん時代まで彼が演じるが、ちゃんとしっかりおっさんだったw今年で32歳なのでもう若手とは言えないが、20代俳優が頼りにならない今、ひっぱりだこだ。

f:id:mingmei2046:20180101142926j:plain

しかし女優はしっかり育ってきている。この映画で主演している女優たちは今後大いに活躍するに違いない。

途中の中越戦争シーンはかなり圧巻。360度ぐるぐる回るカメラアングルで、人がバタバタ死んでいき、戦車や戦闘機が登場して、火炎放射器で焼きまくっている。しかしそのけがの状態がかなりグロ。一緒に見に行った中国人女子は号泣して、家について即嘔吐した。

馮小剛作品は中高年が主にお客さんだ。この作品も文革時代に青春を過ごしたであろう中高年の心を捕えて既に10億人民元の興行成績を突破した。

単なる「あの頃は良かった」的な懐古主義的な映画でもないし、若さだけを美化する映画でもなかった。「若い」って案外苦いしね。ちょっとドキュメンタリーに近いかもしれない。