大陸でもヒット!タイ映画「頭脳ゲーム」

2017年アジアフォーカス・福岡国際映画祭でも上映され観客賞を受賞した。

f:id:mingmei2046:20171203194324j:plain

台湾でも香港でも今年一般公開はしていたが、一足違いで観られなかった。大陸でもヒットしてただいまネットで公開中。今年はインド映画「dangal」も大ヒットしたし、アジアの映画が今後もっと増えればいい。

f:id:mingmei2046:20171203194152j:plain f:id:mingmei2046:20171203194244j:plain f:id:mingmei2046:20171203194219j:plain

香港版、台湾版、大陸版のポスター比較。台湾版タイトルが一番しっくりくる。

ふとしたきっかけでお金持ちの子のカンニングを助けたことで大金を手に入れた優秀生リン。その後スケールはぐんと大きくなり、シドニーまでカンニングをするために行くことになる。

だからといって大金が手に入ってウハウハにはならない。観ていてこっちも胃が痛くなりそうなスリリングな展開。脚本も演出もすごく良かった。

カンニングを頼む金持ちあほボンボンにもやむにやまれない事情があることもさらっと挿入している。最後にリンのおとうさんに後光がさしているのがちょっとおかしかった。

この映画も鏡の使い方がうまい。リン役の女の子は角度によって時々蒼井優に見える。タイの俳優さんには詳しくないが、役と俳優のイメージがぴったりだ。

海外で観ることが出来るタイ映画と言えば前はホラーが有名だったが、最近はジャンルも増えてきていい映画が増えてきた。