王道を行く冒険映画「侠盗連盟」を観る

今年CMの撮影中に落馬し重体を負ったアンディさん(劉徳華)の主演映画。今年いっぱいは治療にかかるため、この作品以降しばらくは新作が見られないだろうと思ったので観た。「拆弾専家」もそう言いながら観てその後にこの映画のことを知ったのだが、多分これでホントにないと思う。

f:id:mingmei2046:20170823222651j:plain

監督は馮徳倫(スティーヴン・フォン)。どんどんスケールが大きくなって、今回はフランス、チェコウクライナをまたにかけた作品になっている。

愛する恋人のために足を洗おうと最後の仕事をするが、裏切りに遭い5年間監獄に入れられる。出所して誰が裏切り者なのか突き止めようと、新しい仲間を集め重要な鍵を握る宝石を盗む計画を立てる。

軽快なテンポで映画は始まり、以前のようなマンガっぽい演出はなくなっている。どんでん返しも「やっぱりそう来たか」的な変にひねったりしない展開で、良く出来た冒険映画だと思う。

大陸上映なので北京語での上映だが、出演が舒淇スー・チー)、楊祐寧(トニー・ヤン)、張静初の中台香混合だし舞台も海外なので特に問題はない。

はみ出し刑事役のジャンレノもいい役だった。

しかし平均年齢高すぎ。一番若い楊祐寧でも1982年生まれ。長年のキャリアがあるので安心して見ていられるが、やはりアンディさんの若作り(充分若いんだけど)を見ると誰か他にいないのかいと思ってしまう。

そういえば香港映画は一番盛り上がるシーンによく崖が登場する。まるで「火サス」あるあるみたいだ。この映画でもアンディさん達が崖に追い込まれて、黒幕が「わっはっは」と登場する。

f:id:mingmei2046:20170823230205j:plain

お前だったのか!  でも大体誰か、割と早めに予想はつく。

今年の夏は「狼戦2」に全部話題をかっさわれてしまい、他の映画は何となく影が薄い。

この映画も保険かけすぎて新鮮味や話題性がないと言えなくもない。それでも丁寧に作られた誰が見ても楽しめるいい映画だと思う。