香港でタイ映画「戀愛病發(HEART ATTACK)」を観る

トランジットで24時間だけ香港に滞在。何かおもしろい映画はあるかと調べたらこの映画を見つけた。

f:id:mingmei2046:20170716164939j:plain

「杜琪峰(ジョニー・トー)お薦め!」の文句に惹かれて予告編も見たがなかなか良さげ。時間もちょうど良かったので観てみることにした。

平面デザインの下請け仕事をしている阿翁は何日も徹夜して仕事をするのが常だ。しかしある日、原因不明の湿疹が体中に出てしまい病院に行くことに。そこで出会った女医のため病気を治そうと決心する。しかしそれは仕事を取るか健康を取るかの二者一択だった。

この女医役の女優がデビュー直後の張栢芝セシリア・チャン)に似ている。阿翁は仕事が趣味の超オクテ男なので、女医に対する気持ちも恋なのかどうかも分からない。なので両想いを目指して最後はハッピーエンドという映画ではない。

この阿翁の仕事がおもしろい。フォトショップで画像処理をするのだが、グラビアのモデルの下着を消したりとか、アイドルの爪が欠けているのを足したりとか。そんなの撮影現場で気付けよwと思ったのだが、今は何でもフォトショで画像処理するのが普通なのでついでにやらされちゃうんだろう。

多くの香港映画がタイでロケやポスプロをしているので、映画に対する経験は少なくないはずだ。最近は大陸でも韓国ドラマに替わってタイドラマもよく放送されている(内容は甘々でちょっと古いソープドラマ)。映画も昔はホラーが多かったが、学園もの、コメディと徐々にジャンルは広がっている。

この映画は今年の大阪アジアン映画祭に「フリーランス」のタイトルで出品され、「ABC賞」を受賞している。しかし!!長い!132分。100分以内に出来るはずだ。

「韓流」「華流」と来て「タイ流」来るか!?