読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モヤモヤするサスペンス映画「那年夏天你去了哪里(2016)」

これもネットで鑑賞。

f:id:mingmei2046:20170510140936j:plain

まず宣伝用のポスターがどれもひどい。この映画の世界観がまったく伝わってこない。

見終わった後モヤモヤするので、調べたら監督は陳奕迅(イーソン・チャン)主演映画「贖命(2010)」の監督周隼(クリス・チョウ)だった。「贖命」と同じ種類のモヤモヤ感で納得出来た。

f:id:mingmei2046:20170510143603j:plain

バイオレンスやホラーには独自の美学が必要だと思うが、周隼にはそれがない。そして思い切りが悪いので、残忍なシーンはどれも中途半端だ。それで「やりたいことは分かるんだけど・・・もうちょっとやりようが・・・」でモヤモヤしてしまうのだ。

脚本家としてのキャリアが長いので、話は決して悪くない。撮り方とCGの使い方が良くない。飛び降りシーンのCGも効果音も軽い軽い。超高層ビルから落ちてあれは無いと思う。ハエが目に止まるシーンももうちょっとハエに動きつけたらいいのに。というかもうちょっとハエとの印象的なエピソードが欲しい。しかし相手がハエなだけになあーーーといちいちモヤモヤモードに入ってしまうのが嫌だ。

友情出演なのに胡歌が誘拐犯の1人という重要な役を演じるのも不思議。寧櫻役は台湾映画「六弄珈琲館」でも主役を務めた顏卓靈。「六弄珈琲館」でもそうだったが、もっとキャラを掘り下げて欲しかった。誘拐犯と家族の間を揺れ動くおいしい役だと思うのだが。

好きな大陸女優の1人でもある宋佳は、がんばって怖がっていたと思う。宋佳は派手さはないけど、「気が付いたら10年連続連ドラ出演していた俳優」みたいなかんじが好き。

大陸ではサスペンス&ホラー映画が増えてきてはいるが、佳作にはまだ出会えず。幽霊全否定の当局に対してがんばっているとは思うけど。