読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港→国境→深センから高鉄の旅

香港映画「29+1」を観終わって宿に着いたのはもう夜中の1時を過ぎていた。

福田の入国管理局は朝7時半に開くが、そこでどれぐらい時間がかかるのか初めて行くので予想出来ない。なので早め早めで準備をする。地下鉄の始発に乗って福田に行くとすると5時起きか?つらい。

始発なのに地下鉄は結構混んでいたが座ることは出来た。そのまま揺られて落馬洲駅に到着。出国は外国人レーンに並ぶ。ここはあまり人がいなかった。うっかり出国カードにサインを書くのを忘れていたが何も言われなかった。

そして長い長い橋を渡る。睡眠不足でフラフラなので動く歩道のお世話になる。

入国は長い列で、並びながら入国カードを書く。審査を通った途端、すごくごつい自転車を組み立て始める香港人が何人かいた。

f:id:mingmei2046:20170421200531j:plain

こんな感じで色はもっと派手だった。これでどこ走るんだろう?

そのまま人の流れに身を任せて1階へ。地下鉄の入り口でまた荷物検査。ここでもうっかり飲みかけのペットボトルをバッグに入れてしまっていて捕まる。

「何か問題?」てふてくされて聞いたら、多分未成年の制服ダボダボな兄ちゃんに

「大丈夫、てへ☆」とかヤラれて、「これからは羅湖じゃなくて福田の時代だな」と思った。(以前羅湖でちょっと迷った時に大陸側入管のガードマンに罵倒されたことがある。「てめえ、俺の言うことが聞こえないのかよ!ツン×か‼」てな感じで。うんざり。)

地下鉄の切符は紙幣を使うと面倒なのでコインを用意。乗り換えなしで深セン北駅に向かう。

バカでかい深セン北駅に到着。地下鉄の改札を出て列車の改札へ。そこはもう大陸。めまいがするぐらい人だらけ。でも流石に新しい駅なので入場口もたくさんある。大陸の駅は入場するだけでも切符、身分証明書、荷物のチェックが必要だ。私はあらかじめ香港に来る前に切符は手に入れていたが、遠くに見える切符売り場にも長い長い列が出来ていた。中は吹き抜けで待合室になっていて、2階にレストランがある。

そして改札口でも身分証明書のチェックが入る。これが人民なら身分証をかざせば「ピッ」って自動で入れるが、外国人は駅員にパスポートを見せる。ほぼ見てないが。

ネットでは高鉄にはWifiもコンセントもあると書かれていたが、2等席には何もなかった。飛行機よりも高い高鉄のビジネスクラスの話だったのかもしれない。

切符が買えない北京駅のダフ屋 <下川裕治のどこへと訊かれて> (1/2) 〈dot.〉|dot.ドット 朝日新聞出版

今大陸では実名制度をとっていて乗車する本人しか切符が買えない。なので買う時も乗る時も身分証明書が必要になる。代理人が買う時も、乗る人のIDナンバーが必要。切符が欲しいなら28日前から買えるネットがお薦め。

乗り込んでからは何もすることが無いのでひたすら寝る。ここから8時間半かかって友人の家から一番近い駅に着く。そこからまた車で1時間半くらい送ってもらってやっと目的地に到着。

明日はその友人の結婚式に参加する。