「77次原諒他(77回彼氏を許す)」を香港国際映画祭で観る

f:id:mingmei2046:20170416154854j:plain

まずはこの映画から鑑賞スタート!

懐かしい感じがするTWINSのアイドル映画だった。赤じゅうたんの前でファンが名前の書かれたボードを持って入り待ちしながらキャーキャー叫んでいる場面も含めて。

監督は「雛妓」の邱禮濤(ハーマン・ヤウ)。「雛妓」で「本格女優路線に挑戦か」と思った阿saも、この作品ではまた可愛い普通の女の子役に戻っている。

舞台は香港だが日本でも女性の共感をたくさん得られそうなお話。男は大抵「いきなり別れを切り出された」と思っても、女のほうはチリも積り積もって爆発寸前だったりするものだ。

呉鎮宇が特別出演していて、そのシーンで会場から黄色い声が沸いた。私も心の中で「おおっ」て思ったけど、何だか時間が止まっていないかい?「香港アイドル後継者不足問題」を憂える身としては、映画自体は楽しめたが「これでいいのかなあ?」と思いながら宿に帰った。