女優2人の演技対決を見よう「七月与安生」

f:id:mingmei2046:20170401174057j:plain

このポスターが一番いい。あとの大陸ポスターはひどいなあ。

 

「女の友情」をテーマにした映画ドラマ小説は数多くある。しかし何故どれも内容が似たり寄ったりなのだろう?

その1:主人公の2人は性格や家庭環境が正反対なのに仲が良い。

その2:必ず同じ男を好きになる。そして二股かけられて大ゲンカして別れる。

その3:お互い大人になり人生のしょっぱさを経験して仲直り。この時はもう男なんてどうでもいい。

この映画もまさにこの通りの展開で既視感いっぱいだ。しかし主人公を演じる2人の女優のおかげで見ごたえのある作品に仕上がっている。

小道具としてのブラジャーの使い方が秀逸だったw確かに女性特有で、使っている人の性格がモロ現れるモノだ。

最初、周冬雨が不良役で馬思純が優等生役と聞いて「逆じゃない?」と思ったが、観て納得。見事にハマっている。そしてちゃんと映画の中で成長しているのがすごかった。最初は高校生でいかにも子供っぽいのに、最後はしっかりアラサーだった。

これでは金馬賞もW受賞にするしかないでしょう。

大陸には女優になりたい女は星の数ほどいるが、大抵は「明星(スター)」になりたいだけなのでせっせと整形にいそしんでいる。なので若くして芸を磨いている「女優」はそれほど多くない。10~20代の若手だけ見れば日本の方が俳優の層は厚い。

今後引く手あまたになるであろう2人のこれからが気になる。