林嶺東(リンゴラム)監督「冲天火(SKY ON FIRE)」を観る

大陸では2016年11月25日から公開だったが反応はいまひとつ。既にネットでも公開中。

f:id:mingmei2046:20170128124610j:plain

香港の架空の高層ビル「天空1號 SKY ONE」を舞台にiPS細胞を巡る暗躍をテーマにした映画。主役の呉彦祖はそこの警備部の責任者。

前作「謎城」に引き続き張孝全がこれまたコテコテの台湾人として登場する。どれぐらいコテコテかというと常にウェストポーチ+お寺のキャップを持って歩いているwww純朴だけど兵役したことがあるので武術や銃の扱いはお手の物という役どころだ。

香港が舞台なのでロケ場所を探すのも楽しみだ。

f:id:mingmei2046:20170128130038j:plain

これは上環の文武廟。中で大暴れしている。

f:id:mingmei2046:20170128130313j:plain

f:id:mingmei2046:20170128130332j:plain

これは油麻地の平安大廈。中には安ホテルがいっぱい。この間行ったらゴダイゴは無くなっていた。やっぱり今時日本人専門でやるのは難しいかったのだろう。

ここから逃げて後に続く屋上のシーンは別の場所。

f:id:mingmei2046:20170128131114j:plain

真ん中に見えるのはどこの高層ビル?朗豪坊(ランガムプレイス)?

香港の街のど真ん中でのカーチェイスとかビルの中でのアクションとかは香港映画の王道を行く迫力のあるシーンばかりだった。ほぼ実写なので俳優陣は傷だらけだったらしい。

ヒットしなかった要因は

悪役の目的がお金のみで単純だった。iPS細胞は成功すれば莫大な利益が得られるが、研究にも多額の費用がかさむ。その辺りのお金のトラブルをサラッと流し過ぎたのでは。

iPS細胞について騒がれた割には実際みんなよく知らない。

張孝全の事件への介入が強引だった。教授会いたさとは言え明らかにヤバそうな場面でトラックを運転して逃げるだろうか?トラック運転手というのはこのための伏線なのか。

殺された教授の息子役の俳優が下手すぎた。

最初と最後に台湾での街角芝居のシーンがある。これが実は人間の死生観にも通じるところがあり、そういうエピソードのはめ込み方はうまいなあと思った。