読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王家衛(ウォンカーワイ)プロデュース映画「擺渡人」

中国映画

人生という河に溺れた人を助けて向こう岸に渡す人が「擺渡人」。

監督は新人の張嘉佳。人気作家で脚本家である。

f:id:mingmei2046:20161226114517j:plain

話の設定は上海。なので上海の夜景とか救急車とか登場するが、全体的に台湾チックな映画である。何だか周杰倫ジェイ・チョウ)の「天台」を彷彿させる。

前評判はイマイチで、確かにわちゃわちゃ感と音楽の多さは否定できない。

でもクリスマスだし年越しだし、明るく笑って2時間過ごせるならいいじゃないと私は思った。

トニーさんも武もひさびさのコメディで体張っているし、もともと香港映画でさんざん無茶な役とか演じてきた2人なだけに全然OKである。

f:id:mingmei2046:20161226115500j:plain

モミアゲwww

f:id:mingmei2046:20161226115532j:plain

金髪+学ラン+高ゲタwww

さらに劇中で武は台湾語で歌って踊るサービス付き。もう十分チケット分は元取っている。

さらにさらに「傷城」みたいなナイスツーショット。

f:id:mingmei2046:20161226115846j:plain

これだけでもう十分お腹いっぱいですよ?

これに陳奕迅(イーソン・チャン)の歌とアンジェラベイビーのかわいさが堪能出来るんだから、いいんです。

コメディとはいえ、ちょっといい話も盛り込んである。それでやっぱり主役の2人は演技がうまいんすよ。もう何気ない仕草のひとつひとつに職人芸が込められている。

特に最後武が初恋の相手が作った中華風パンみたいなもの(焼餅)を食べるシーン。

一口食べた後にハラハラこぼれる涙とか、もう大竹しのぶか!と思うくらい。

映画の初めの「澤東(ジェットトーン)25周年作品」という言葉に、ちょっとめまいを覚える年代にはありがたい作品。