読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「クラウドアトラス(雲圖)」を観る

香港では1月から公開している(日本では3月15日から)が、もう九龍灣のMEGABOXでしかやっていない。台湾では当初4月公開だったが、延期されて今は未定。
あまり洋画を観ないが、これは観たかった。理由は2つ。周迅ちゃんと蠔斗娜(ペドゥナ)が出演しているのと、監督の1人がトム・ティクヴァだから。
予備知識の無いまま中国語字幕で観たのでかなり混乱した。6つの話が同時進行しているから。次第にそれぞれが繋がって「輪廻」がテーマなのが見えてくる。
周迅ちゃんは残念ながらそれほど活躍していない。ペドゥナは最後女神になっちゃってるよ!
特殊メイクがすごくて、特にペドゥナがちゃんと19世紀のアメリカ女性に見えたのがすごい!
6種類の映画を観たような気分で統一感は薄いが、輪廻ってそういうもんだろうと思うし。そうそう前世を引き摺ったり来世に持ち越したり出来ないだろう。
それにしても香港の映画館はやっぱり寒かった。約3時間冷蔵庫の中にいるのは辛い。