読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「寒戰」を観る

香港映画

久しぶりに登場した噛みごたえのある香港警察映画。もちろん広東語版で鑑賞(台湾では選択可能)。アーロン郭富城と梁家輝とのガチンコ対決が見物。
その梁家輝の息子をエディ彭于晏が演じている。映画「太極」では初の本格悪役を演じたが、やっぱり悪い人には見えず、いたいけでかわいそうな人としか見えなかった。この映画では事件の鍵を握る悪役を前より悪くは演じられたと思う。ただ最後の告白だけで事件の動機を説明されても深みがない。もう少し親子間のエピソードが欲しかった。今後もエディポンの悪役路線は続きそうである。
そしてこの映画、郭富城のアップがやたら多いような気がするwその美しさときたらもう。白髪をわざと増やそうがとにかくかっこいい。
この警察内部の権力抗争に絡むのが簾政公署(ICAC)。簾政公署とは警察の汚職などを調べるところ。簾政公署誕生の経過に着いては映画「金銭帝国」を見ると分かりやすい。その簾政公署主席調査主任役を「歳月神偸」で好演した李治廷が演じているが、複雑な警察機構に挑むには迫力不足。単なる熱血好青年で終わっている。
最後にやっぱりのどんでん返しがあって、「なるほどね」で終わる。もしかして続編ありか?
おまけだがアンディ劉徳華が友情出演しているよ。