読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「消失的子弾」を観る

普通に撮った普通の映画。画面にこだわりも美学も感じられない。中途半端に「CSI」の真似事とかしているが、時代考証から見てもあり得ない。
俳優も脚本も悪くない。特に夫を殺した女と劉青雲演じる監獄所長のやりとかとか。最初に劉青雲が首吊りの検証をするのだが、それが最後に効いてくるのとかもいい。なのになんでこんなに平凡な映画になってしまったのか。
ニコラス謝霆峰は相変わらずお肌つるつるで全然年を取らない。この中に呉剛という俳優がいるが、見るからに悪い顔をしているのでいつも悪役。今回も見てて「このオッサンが一番悪いんだろうなあ」と思ったら、案の定その通りだったwww何のひねりもないよー。でも嫌いじゃないですよ、このオッサン。