読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3D「龍門飛甲」を観る

朝9時からの早場で観る。これだと通常90HKDかかるところを55HKDで観られるから。
大昔見た「新龍門客棧」はうっすらとしか記憶に残っていない。まだ若いドニー甄子丹が白塗りで体半分砂に埋れてアクションを披露していたのは覚えている。
最近の合作映画の流れに乗った、大規模な美術&豪華な衣装&際立ったキャラ設定でとても楽しめた。
キャラとしては、アンニュイ陳坤さんとお気楽陳坤さんの2通りが楽しめてかなりお得。桂綸鎂のワイルドな役も予想以上にハマっていたし、ルイス樊少皇のマスクをつける意外な理由もおもしろかった。
武器も超かっちょいい。メイビス范暁萱の武器は先に自分の指が切れそうw
実は以前一緒にお仕事をした原原ちゃんがこの映画に参加していて、エンディングロールで探そうと思ったが、スタッフの数が多すぎて断念。「どんだけいんのよっ!」ていうぐらい多い。
そのエンディングロールを見ていたら、特殊効果のシーンはほぼ北京で作られていた。砂嵐のシーンとか良く出来ていたが、今では北京で出来るようななったんだなあと感慨。