読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「武侠」を観る

香港映画

ボスからDVDを借りて鑑賞。観てから「これは是非映画館の大スクリーンで観たかった」とつくづく思った。
これは伝統ある香港武侠映画に対してとても真摯に作られている。その伝統をリスペクトしつつ、如何に新しく自分のスタイルの武侠映画を構築するかというのが課題だが、ピーター陳可辛らしく、リアルで洗練された作品に仕上がっていると思う。
金城武がいきなり四川訛りで話しだすのもおもしろい。最近四川訛りがブームなのか。「瘋狂的石頭(クレイジー・ストーン)」の重慶訛りから始まって「譲子弾飛」も四川語バージョンがあったり。
その金城武演じる百九がかなりの変人でおかしい。そのおかしさは、本人が真面目になればなるほど増す類のおかしさで、とても金城武に合っている。
ドニー甄子丹のアクションは相変わらずキレがあるし、ベテランアクション俳優のジミー王羽とクララ惠英紅のアクションもとても迫力があった。
実際「武侠」というタイトルを聞いて、全編任侠アクションだったらどうしようかと思ったが(女性が添え物程度のよくあるパターンね)、深いテーマも扱われているのでアクション映画が苦手な人も大丈夫だと思う。