香港で「譲子弾飛」を観る

とにかく姜文が炸裂している映画だった。この映画を見て「太陽照常升起」の時はまだ遠慮していたのだと判明。
もう細かい欠点なんてどうでもいいのだ。ストーリーがどうとかもはっきり言ってどうでもいい。3Dでも無いのに画面から姜文のパワーが溢れてくる。スクリーンの画面にも収まりきらないのだ。
姜文と周潤發と葛優の絡みがとても楽しい。特に周潤發。実際の周潤發はコメディが得意なのに、今までアメリカや大陸はいつもシリアスな役しか彼に与えてこなかった。なのでいつも香港人と「周潤發てホントはこんな扱いじゃないよねえ」と話していたのだ。
男臭い映画の中で目立ったのが陳坤。ここ何年かで妖しい魅力倍増の彼は初の悪役挑戦で大健闘している。しかしあまりに美しすぎ。国家規模のBL映画と裏で囁かれている「建党偉業」の周恩来役に大期待だ。
日本でも絶対公開して欲しい。